シャトー・ ラ・バロンヌ &ブルノ・デュシェン

シャトー・ラ・バロンヌ&ブルノ・デュシェン

フランス
ラングドック地方

ブルノ・デュシェンは無添加でのワイン造りを可能にする名醸造家。

しかし自社畑が大変狭いため生産量が極少。

それに対して、シャトー・ラ・バロンヌの当主ジャンは元医師。

本業よりワイン造りが楽しくなったジャンは、父からラングドックの広大な畑を受け継ぎ全て無農薬に。

ご縁あってこの2人のコラボレーションで生まれたのが「カリニャン・サンスフル」。

シャトー・ラ・バロンヌで育った高樹齢のブドウから、ブルノが酸化防止剤無添加で見事なワインを造り出しています。


■カリニャン・サンスフル(赤)