岡山のワインショップ、無農薬・有機栽培(ビオロジック、ビオディナミ農法)のビオワインのみを取扱う「自然派ワインの専門店」です。

Menu

「できるできるゲーム」山陽新聞12月7日掲載

― Blog ―

「できるできるゲーム」山陽新聞12月7日掲載
2018年12月11日一日一題

「できるできるゲーム」山陽新聞12月7日掲載

 

「できん」「できん」と言って電子ピアノの鍵盤にふさぎ込む6歳の長女。
保育園にピアノ教室があり、最後の発表会で弾く曲の練習です。
僕が昔、ピアノを習っていたので、教えていました。

 

曲は音楽の先生がそれぞれのレベルに応じて決めたようですが、見てビックリ!
長女には難し過ぎ、到底、発表会に間に合いそうにありません。
しかし、長女が気に入っているようだったので、そのまま弾くことにしました。

 

思うように弾けない長女は「できん」「できん」と言うばかり。
そこで「お父さんとゲームをしよう。間違ってもいいから、1回弾けたら10円あげるね。
ピアノの横に重ねていくよ。
でも『できん』って言ったら、全部お父さんのものだからね」

 

最初のうちは、ちょっと弾いては「できん」と言い、10円がなかなか増えません。
「間違ってもいいからね」「うん」。
そのうち数枚が積み重なり、「できん」と言わなくなってきて・・・。
いつの間にか10枚以上になりました。

 

あくる日も、その次の日も練習しました。
そして「できん」と全く言わなくなり、見る見る上手になったのです。

 

発表会の当日、いよいよ長女の順番です。
ちょっと緊張して、練習の時ほどうまくは弾けなかったけど、最後までできました。
その成長ぶりと頑張りに感動して涙を流しながら聞きました。

 

そんな長女も高2。
勉強はほどほどにですが、自分の好きなことは何でもかなえていきます。
韓国へ旅行したり、BTS(防弾少年団)のコンサートに行ったり。
自分のやりたいことを「あきらめない」行動は、僕と本当に似ていて面白いです。