岡山のワインショップ、無農薬・有機栽培(ビオロジック、ビオディナミ農法)のビオワインのみを取扱う「自然派ワインの専門店」です。

Menu

「ビオワイン」と「自然派ワイン」の違い は?

― Blog ―

「ビオワイン」と「自然派ワイン」の違い は?
2021年01月16日自然派ワインとは?

「ビオワイン」と「自然派ワイン」の違い は?

ビオワイン(オーガニックワイン)」とは、「原料のブドウ」が有機栽培であることを保証してくれています。

これに対してプレヴナンが定義する「自然派ワイン」と は、化学的なものを使わずに自然に栽培されたブドウ(有機もしくは無農薬栽培)を使用し、その後の醸造中や瓶詰め時にも添加物は使用しない、もしくは 使用するとしても少量のSO2のみで、自然な醸造をしているものです。

 

つまりその違いは、前者が「原料のブドウについてのみ」であるのに対して、後 者は、その先の「ワイン醸造中」も自然であるものを「自然派ワイン」と呼んでいるということです。

 

さらに、こうした添加物を全く使用しない、もしくは使用しても瓶詰め時に極少量 のSO2のみの「超自然派ワイン」とでも 言うべきものは、自然派ワインのなかでも よりスルスルと飲めるのが特徴です。

実は、私たちが2008年に自然派ワインの専門店をオープンした時は、このような超自然派ワインは、ほぼ扱いがありませんでした。

あったとしても、今ほど安定した味ではなく、正直美味しいと思えないものもありました。

次第に醸造のレベルが上がって、SO2が少なくても醸造出来る生産者が増えてきたのです。